脂漏性角化症の原因を調べる|症状に合った治療法

先生と女性

気になる老人性いぼ

脂漏性角化症は老人性いぼとも呼ばれ良性腫瘍である。皮膚の老化現象の一つで日光の当たりやすい顔や手などにできやすい。病院でいぼを取り去る治療ができる。保険適用では液体窒素を使った凍結療法が、適用外では繊細で痕が残りにくいレーザー治療が人気である。

皮膚の加齢で起こる症状

聴診器

イボができてくる

脂漏性角化症は年配の人に多く見られる症状で、顔や首元にイボがあらわれてくることです。これは急にあらわれるわけではなく、徐々に目立つようになっていきます。人によっては大きく目立つ人もいて、目の周りにもできてしまいます。この脂漏性角化症の原因は、加齢による皮膚の老化現象です。主に紫外線に当たり過ぎてしまうと起こりやすくなり、誰にでもその可能性があります。しかし、これによって見た目が気になってしまったり、服に擦れたり支障が出てしまうときは厄介です。そんなときは、皮膚科で脂漏性角化症を治療していくことができるので、イボをきれいに切除してくれます。女性であれば気になる症状ですし、これによって支障が出るのならなおさらです。脂漏性角化症はそのままにしなくても治療が可能となるので、1度相談してみるといいでしょう。

イボを切除する治療

脂漏性角化症の治療は、イボが小さければ液体窒素を使った凍結療法が行われます。これは痛みを感じることはなく、多少の違和感だけで済みます。小さなイボはたくさんある場合が多いので、これならスムーズにイボを取り除いていけます。もちろん顔でも問題なく行われるので安心です。比較的イボが大きい場合は、メスを使って切除していきます。これも跡が目立たないように行われるので、取り除いたところをきれいに縫合してくれます。切除するときは麻酔を使うので痛みもなく、術後は少々赤くなることもありますが、しばらくすると自然な色の肌に戻ります。こういった治療のお蔭で、見た目もきれいになり、支障を感じることもなくなります。皮膚にできる老化現象なので仕方のないことかもしれませんが、病院に相談してみることで治療に応じてくれます。

診察

誰でも出来る可能性がある

老人性イボとも呼ばれることのある脂漏性角化症は良性の腫瘍の事を指します。シミや悪性腫瘍などと見た目が似ているため、素人では判断することが難しいものです。必要に応じて医療機関を受診するようにしましょう。

カウンセリング

老人性のイボ

脂漏性角化症はまたの名を老人性イボといいます。加齢に伴って顔や頭部など身体の表面にあらわれる現象です。放置しておいても健康への深刻な影響はありませんが、外見上の問題等を考えると早めの治療が推奨されます。